Jamstikというギター型のすごくマニアックなMIDIコントローラーを持っていて、そのニュースレターで紹介されてたので情報として。

Kick Starterという、いわゆる開発投資クラウドファンディング的なWEBサイトで、ギタリストDTMerが気になりそうなものが出てきています。その名も「ACPAD」。

えーしーぱっどって読むんですかね。これが、どうやらアコーステッィックギターに、なんの穴もあけずに、接着剤も塗らずに、ただかぶせるだけでMIDIコントローラーを装着できるというものらしいです。

db41bc39a550c3524c97b519fef48d70_original

サウンドホールを囲むかたちでシートをかぶせて、そのシート状のボタンにMIDIメッセージを割り当てられるというもの。ようするに、ギターを弾きながら合間にMIDI楽器を鳴らしたり、ループを再生させたりということができるみたいです。

2c11a3826ca6d92e879b9a5a81c1b4c4_original

ワイヤレスで付属のUSBに信号をとばせば、そのUSBを差したPC内の音源やDAWを遠隔操作できるようで、その場合の内部バッテリー駆動時間は連続で約5時間くらい。個人でパフォーマンスをするギタリストにとっては、ライブでアコギの音にデジタルサウンドをリアルタイムで加えることができるわけです。

c43897a9400900c251c0cf1db8806063_original

先行投資をしてくれた人向けの最短出荷時期は2016年5月の予定。
ある程度の先行投資をしてあげると、クリスマスプレゼントとか割引がつくらしい。

うん十万円を出すと、開発者がじきじきに自宅まで製品を届けてくれて、チュートリアルやパフォーマンスまで行ってくれるらしいです。製品の代理店契約をして
リリースイベントとして集客したら元がとれるんじゃないの?

042930899addeab7cad7dd549b994077_original

ちなみに、ギターそのものでMIDIノートを打ち込むのには使えなそうなのと、ライブでそんなサーカスみたいなことをする予定はないし、かぶせるだけとは言っても、せっかくすばらしいギターを持っているので、その生音を劣化させたくないという理由で、わたしは購入を見送ります!

こんだけ紹介しといてなんだよっ!