コンテスト入賞楽曲 作曲プロセス晒し【全15回】

CatsWalk作曲法

DTMマガジン1月号(2014年)で開催された「さとうささらオリジナル楽曲コンテスト」に応募していた曲が優秀楽曲に採用され、5月号のDTMマガジンに掲載されました。まさか優秀楽曲に選ばれるとは思うわけもなく、でも、ただなんとなく今回は作曲プロセスを書き溜めていました。

最初の2回くらいは書いてすぐブログに投稿していましたが、よくよく募集要項を見ると、関連する作品をコンテスト以外に使用してはいけないということで、これはいかんと引っ込めたという経緯がありました。

しかしコンテストが終わり、DTMマガジン誌上で結果発表を見てびっくりしました。まさか自分の曲が入賞するとは。。
他の採用楽曲が素晴らしくて、なんで選んでもらえたのかいまだにわかりませんが、審査員の方に認めてもらえたという事実は純粋にとても嬉しい。

そんなことで、書き溜めていた作曲プロセスはもしかしたら他に作曲している人たちの参考になるかもしれないと思い、しっかりした企画としてブログ上に掲載することにしました。

作曲に正解はないし不正解もないですが、なんとかコンテストに入賞できた曲が実際にどのように作られたのか、多くの作曲家さんやDTMerさんの参考になればと思います。逆に、何か意見や感想などをいただいて、こちらとしても楽曲のクオリティをまだまだアップさせていきたいと思います!

目次

  1. まずはレギュレーション(制約)を確認(12/12)
  2. 作品のモチーフ(題材)を決めるっ(12/16)
  3. キャライメージをつかむ(12/17)
  4. 曲が先パターンについて考える(12/23)
  5. やっぱり歌詞が先パターンにする(1/10)
  6. 単語帳を作る(1/12)
  7. 単語帳作りのちフレーズ考案(1/13)
  8. サビのラフを作曲してみる(1/14)
  9. 方向性を全部考え直してみた(汗(1/17)
  10. 超重要な曲頭バースのリズムづくり(1/20)
  11. ワンコーラスできたら「持ち歩く」(1/24)
  12. 持ち歩きからの調教、アレンジ、自由な間奏(1/29)
  13. ハモリとミックス超特急(1/30)
  14. マスタリングとファイル提出、そして家庭崩壊(1/31)
  15. まさかの募集延長決定…リマスタリングとファイル追加(2/10)

<記事について>
実際の楽曲の作成期間は2013年12月30日~2014年2月4日までです。
記事のほとんどは、実際その時にリアルタイムで書いていたものです。ただ、読み返してみてわかりにくいところや、補足したほうがいいところはしています。

<謝辞>
音源やその他関連ファイルなどの公開を快く許可いただきました、CeVIO Project並びにDTMマガジン編集部にはこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございます。
この記事のサムネイルに使わせていただいているイラストは秋海棠さんに描いていただきました。その後、ニコニコ動画に6/12に投稿しました動画のイラストはakiさん、動画はぶうたさんにお願いさせていただきました。みなさまのおかげでさらに楽曲の世界観を広げることができました。ありがとうございます。